出口の無い部屋

要はマジカオス。 初めていらっしゃった方はカテゴリーの〈はじめに〉をお読みください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【どれだけ】 

いきおいだけです。
痒い。しかも影響されてる……。

勉強してくれ自分(汗)


どれだけ


『どれだけ満たされ続ける?』
『いつか、どちらかがいなくなったときにどうする?』

 頑ななお前の横顔はそんな自問自答をしてますって顔。
 あ、ちょっと混乱もしてるか?
 いいじゃねぇか、オレに少しぐらい任せても。
 お前が抵抗するたびオレがどれだけ悲しいって知ってる? や、わかってっから困ってんのか。

 ともかく、オレが前にいんのに思考のループやめろよ。ほっとかれてるオレがどれだけ寂しいかわかんだろ?

 お前は優しすぎて未来(さき)のことを考えてオレと距離が欲しいんだろーけど。
 オレはそんな距離なんて要らない。
 オレはお前に近付きたい。

 不安になるだろ。
 お前が距離を確認するたびに。
 オレがどれだけお前に近付けてんのか、て。

 頼むからオレを他の奴らと同じに見るなよ。

 どれだけオレを見てきたんだよ?!

 オレが損得勘定で動けるような奴かよ!

 あ、ヤバイ。
 泣きそう。


 ……あ、やっとこっち見た。
 なんだよため息つくなよ。


「……」
 声を出さずに、静かに腕をまわされた。
 伝わる温かさ。

 世話の焼けるオレでごめんな。
 で、ありがとうな。

                 END

(お前と距離ゼロなんてどれだけ幸せだろう)
〈モノカキ@短〉 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。