出口の無い部屋

要はマジカオス。 初めていらっしゃった方はカテゴリーの〈はじめに〉をお読みください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

present from you 

買ってきました、BUMP OF CHICKENのアルバム。
初カップリング集です。
曲はこんな感じ。

1、 ラフ・メイカー
2、 バイバイサンキュー
3、 彼女と星の椅子
4、 ホリデイ
5、 Ever lasting lie (Acoustic Version)
6、 睡眠時間
7、 夢の飼い主
8、 スノースマイル ~ ringing version ~
9、 銀河鉄道
10、真っ赤な空を見ただろうか
11、東京賛歌
12、ガラスのブルース(28 years round)
13、プレゼント
+α BELIEVE デモテープ編

以下感想
音楽的なことは私一切わかりませんカラ!
適当なこと抜かしてますカラ!
おkな人だけ以下どーぞ。 ラフ・メイカーとかバイバイサンキューとか歌詞カード見たの初めてなんです←
あーこんな歌詞だったかと。
私は人より遅れてBUMPを知ったので、歌詞にあーそうかと思いました。こうやって聞いて、こうやって歌詞見て、年月てすげぇ変化持ってくるんだなと。
大方は聞いたことあるのですが、まとめて聞くと雰囲気がまた少し変わりましたね。シングルと違ってAもBもないからかな。

個人的に驚かされたのはプレゼントです。
『THE LIVING DEAD』のOpening Endingに歌詞加わったと言いますか、Openingのあとに曲があり、で、それがEndingに繋がると。昔のEndingとはドラムもベースもギターも追加されていて、違ったEndingになってました。
『THE LIVING DEAD』のときはアルバム内のトラックが物語だったわけで。
今回は間の歌が物語なのかな? 歌詞が深かった。

癒されながら、諭されながら、聞いてました。

あんまり具体的かつ有効な感想にならなかった……。スンマソ。
〈雑多感想〉 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。