出口の無い部屋

要はマジカオス。 初めていらっしゃった方はカテゴリーの〈はじめに〉をお読みください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【城】 

30分で書いた。
以上。



それはひどくさみしがりやの性格をしていた。
そのくせに、強がって、弱いものの味方をしていた。

いつか崩れるだろうその姿は砂上の城。


他人の鋭く心理を突けるということは、反面、自身の心理が共有できる柔な部分があるということだ。

やさしさはやましさの裏返し。
さみしいからやさしくすれば幾らかはかえしてもらえるだろうというやましさ。
つよさはよわさの裏返し。
よわいから虚勢で強くあろうとする空虚なつよさ。

誰が何をするでもなく、それは小さくなっていく自壊の城。


助けてという叫びを声に出さないで、誰か助けてくれると信じて、そこにそびえ立つ。

しかし、砂上の城というのは、須らく人知れず波間に消える。
そういうものだというのに。


自らが主人公であるかのように、存在感や意識を示し、そびえ立つ。
愚かしいその城が愛されるのは眼前にあるときか記憶の中だけだというのに。


それでも城を目指すというのか。
〈モノカキ@短〉 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。